園からのおしらせ

2017.10.17

◎絵本の講演会 10月17日(火)10:30~11:45
・読書の秋へのお誘いで~す。絵本について普通聞けない会えない講師をお迎えします。
○絵本作家・・・野坂勇作先生
○演題・・・・【絵本づくりは駅伝】
○場所・・・・しらゆり幼稚園 積み木の部屋
是非皆さんこの機会に絵本を楽しみましょう。たくさんのお越しをお待ちしてます。(*^_^*)♡♪~

今日のひとこと

2017.09.29

 どこからともなく金木犀の香りが、黄金の稲田を縁どりする彼岸花が、確かな季節の移ろいを告げてくれています。運動会日和に恵まれた23日、多くの皆様にご観覧、ご声援をいただきまして、ありがとうございました。1歳~5・6歳の園児たちが、生長した今を、一生懸命に笑顔で発揮いたしました。ゆり組さんは、小さいおともだちの“あこがれ”として、各種目すばらしいお手本を示してくれました。スポーツの秋、文化の秋、食欲の秋、そして、ひとり一人が成長する秋。子どもたちのautumnが楽しみです。

2017.08.28

 連日猛暑の夏でした。ふと気がつくと、ススキの穂が涼やかに背伸びし、夕方には虫の声も聞かれるようになりました。季節は確かな足どりで進んでいます。
 さあ、今日から2学期。それぞれの夏の思い出を持って、217名の元気なお顔が揃いました。行事の多い2学期、しっかりあそび、じっくりまなび、実りの2学期になりますように。

2017.07.19

大輪のひまわりが、真夏の日差しをいっぱいに浴びて、大空に向かって伸びゆく姿に、生長の素晴らしさを感じるこの頃です。
子どもたちは、集団の中で「まなび、あそび」を存分に経験し、大きく、大きく生長しました。それを「ことば、表情、気持ち」にしっかりと感じる1学期末です。
真夏の日差しいっぱいの大自然の中で、この季節ならではの思い出がたくさん、たくさんできますように。

2017.07.03

にこにこ顔のお日様と、水田をわたるそよ風に包まれて、プールあそびが始まりました。色とりどりの水着の花が咲きます。子どもたちの楽しみな時間です。水の中で思いっきりはしゃぐ姿と歓声は、この季節ならではの幼稚園の光景です。早くも7月、1学期の終わりが見えてきました。みんな みんな大きくなりました。

2016.12.14

本園は、その前身である宗教法人カトリック教会の伝統を大切に、「感謝、思いやり、奉仕」の精神の維持、発展に努めています。
そのひとつに「クリスマスお祝い会」を、たいせつな年間行事として位置づけております。今年はその日が12月17日(土)です。
今、各クラスでは、その日に向けて、練習を頑張っております。本園は、今年4月、新制度、幼保連携型認定こども園に移行しました。1歳から5歳まで181名の子どもたちが発表します。年齢幅がうんと広がりました。先日、予行がありました。一部が1歳~満3歳の発表。手づくりの素敵な衣装を身につけて、うれしくてたまらない、笑顔いっぱいの子どもたち。音楽に合わせて踊るこども、じ~と客席のお家の人を捜す子ども、自分の世界に浸っている子ども・・・・等々ですが、その姿が愛らしい。客席からは大きな拍手。不揃いの美しさといいましょうか。
年少、年中さんたちは、クラス単位で劇遊びに取り組みます。子どもたちのアイデアがどんどん採り入れられ、みんなで工夫した劇遊びとなりました。そういった日々の積み重ねは、クラスづくりにもつながっています。
年長さんたちは、毎年恒例の「イエズス様のお誕生」の劇に感謝の気持ちをこめて、全員出演で取り組みます。また、英語のうた、ハンドベルの演奏等は、クリスマスの雰囲気を盛り上げます。
二部の時には、お客様である小さいおともだちは、姿勢を正して舞台にくぎづけです。年長さんたちの一生懸命の姿やみんなが揃うことの美しさに圧倒されているのでしょう。そして、憧れの気持ちが芽生えました。
こうして、こども園になった本園では、1歳~5歳までの年齢幅の広い子どもたちが成長していく過程を目のあたりにしながら、保護者の皆様と共に、喜びを共有する日々を過ごしています。17日の発表が楽しみです。

2016.10.13

 猛暑のあとの涼しさを感じる間もなく、肌寒い日が続いております。今日も寒い朝でした。昼前からは、日差しが射し始め、園庭には、元気いっぱいの子供たちが思う存分からだを動かしております。2学期前半の行事、運動会、遠足、芋ほり、卒園旅行と、活動の場が教室からお外に移りました。土に触れ、木の実を拾い、落ち葉を集め、虫をつかみ・・・自然を思う存分楽しんでいます。〝実りの秋”にふさわしく「こころもからだ」も、みんな大きくな~ぁれ。

2016.07.22

 新しい保育棟の上に、入道雲がもくもくと沸き、ギラギラの太陽が子どもたちを包んでいます。夏本番、太陽の季節です。19日は終業式。1号児たちは夏休み、2・3号児たちは通常保育、1号児も希望者は預かり保育です。
 保育の一日を簡単に紹介しましょう。こども園に夏休みはありません。
暑さに負けず登園してきた子ども達は、1・2・3号児たち一体となって、異年齢の集まりを楽しんでいます。
 4歳5歳児たちは、あそび、ものづくり等々をリードし、小さい子どもたちは目を輝かせて見つめ、真似る努力をしています。なんともほほえましい光景が続く午前中です。
 給食を終えた子どもたちは午睡の時間です。静かな時間がしばらく・・・・・・。
 そろそろ3時、お昼寝から目が覚めたのでしょう、元気な声が聞こえてきました。次は、おやつの時間です。今日のヨーグルトみかんゼリーのひんやりとした感触は、眠気を覚まし、静かな会話を楽しむひとときです。
 お迎えの時間も近づいてきました。こうして、小きざみの制限がない、子どもたちの一日が終わります。
 みんな、楽しい夏の思い出がいっぱいできますように。

2016.04.27

園庭の樟(くす)の木の若葉が、朝日にキラキラ輝いています。その傍で記念植樹のかわいい桜の木が「わたしも大きくなるからね」とにっこり見上げています。鯉のぼりは風をいっぱい受けて勢いよく泳いでいます。平和で、のどかな幼稚園の朝です。
認定こども園に移行したしらゆり幼稚園は、木のかおりのする新保育棟と、新しい雰囲気の中で出発して1カ月が経とうとしています。新入園児さん達も、大きな集団に少しずつ慣れ、落ち着きが見られるようになりました。
すくすくのびのび、みんなみんなおおきくなあれ。

幼稚園ブログ