園からのおしらせ

2017.12.16

◎クリスマスお祝い会(発表会)
・1歳~5、6歳の子どもたちが、舞台の上で歌ったり踊ったり、登場人物になりきって劇あそびを楽しむ姿をご覧いただきます。お忙しい時期ですが、皆様お揃いでおいで下さい。(*^_^*)
★一部(りす組・うさぎ組・ひよこ組・年少組)開場8時・開演8時半~
★二部(ばら1組・ばら2組・ゆり1組・ゆり2組)開場10時半・開演10時50分~

2017.12.19

◎12月の誕生日会
・12月生まれのお友だちのお誕生日会をします。先生からお友だちの良いところをお話してもらいます。お歌を歌ったり、楽しいひとときを過ごします。サプライズの企画もありお楽しみがいっぱいです。ルンルン♪~♡♪~

2017.12.19

◎にこにこキッズ「クリスマスお楽しみ会」14:00~14:45
・未就園児対象の「クリスマスお楽しみ会」です。お母さんや先生と一緒にツリーを作ったり、手あそび、歌、踊り、ペープサートなど楽しい企画が盛りだくさんです。ちびっ子サンタさんからのプレゼントもあります。皆さん~♡ぜひ、遊びに来て下さいね。(*^_^*)

2017.12.20

◎ケアーガーデン津山交流会
・年長組さんが、ケアーガーデン津山におじゃまさせていただきます。おじいちゃん、おばあちゃんにお歌やハンドベルの音楽をプレゼントします。また、一緒にふれあいあそびをして、楽しい一時を過ごしてきます。今から楽しみにしてま~す。♡♪~

2017.12.21

◎クリスマスお楽しみ会
・しらゆり幼稚園の全園児が集まりクリスマスお楽しみ会を楽しみます。歌を歌ったり、踊ったり、楽しいサプライズ企画もあります。わくわくドキドキ、楽しみですね~。おやつに全員ケーキをいただきます。(^o^)♪♡~

2017.12.22

◎2学期終業式
・たくさんの行事があった、楽しい2学期が終わりました。園長先生のお話を聞き、幼稚園の歌を歌ったり、年末の過ごし方などのお話を聞きます。光陰矢のごとし~(*^_^*)♡

今日のひとこと

2017.11.28

  例年になく早く、冬の訪れを感じているこの頃です。白いベールをかぶった那岐の山並み。茶色の衣を羽織った、吉井川前の神南備山。青空の下で変化する自然の美しさに感動を覚えます。「クリスマスお祝い会」の練習が本格的となりました。ステージの上で活躍する子どもたちの姿が待ち遠しいですね。16日(土)には、皆様お揃いでのお越しをお待ちしております。

2017.10.31

 清少納言は、「秋は夕暮れ・・・いとをかし(美しい)」と。園では、「秋晴れの日の子どもたちの笑顔、教室から聞こえてくる秋のうたごえ・・・いと いとをかし」と思うこの頃です。子どもたちにとっての自然は、いつも美しく、発見に満ちています。「レイチェル・カーソン(アメリカの生物学者)」は、その著で、子どもたちの持っているセンスを保ち続けるには、感動を分かち合ってくれる大人がそばにいる必要がある、と書いています。さぁみなさん、西空に広がる夕焼け、紅葉した木々等々、大きな秋、小さな秋をお子様と共に楽しみませんか。

2017.09.29

 どこからともなく金木犀の香りが、黄金の稲田を縁どりする彼岸花が、確かな季節の移ろいを告げてくれています。運動会日和に恵まれた23日、多くの皆様にご観覧、ご声援をいただきまして、ありがとうございました。1歳~5・6歳の園児たちが、生長した今を、一生懸命に笑顔で発揮いたしました。ゆり組さんは、小さいおともだちの“あこがれ”として、各種目すばらしいお手本を示してくれました。スポーツの秋、文化の秋、食欲の秋、そして、ひとり一人が成長する秋。子どもたちのautumnが楽しみです。

2017.08.28

 連日猛暑の夏でした。ふと気がつくと、ススキの穂が涼やかに背伸びし、夕方には虫の声も聞かれるようになりました。季節は確かな足どりで進んでいます。
 さあ、今日から2学期。それぞれの夏の思い出を持って、217名の元気なお顔が揃いました。行事の多い2学期、しっかりあそび、じっくりまなび、実りの2学期になりますように。

2017.07.19

大輪のひまわりが、真夏の日差しをいっぱいに浴びて、大空に向かって伸びゆく姿に、生長の素晴らしさを感じるこの頃です。
子どもたちは、集団の中で「まなび、あそび」を存分に経験し、大きく、大きく生長しました。それを「ことば、表情、気持ち」にしっかりと感じる1学期末です。
真夏の日差しいっぱいの大自然の中で、この季節ならではの思い出がたくさん、たくさんできますように。

2017.07.03

にこにこ顔のお日様と、水田をわたるそよ風に包まれて、プールあそびが始まりました。色とりどりの水着の花が咲きます。子どもたちの楽しみな時間です。水の中で思いっきりはしゃぐ姿と歓声は、この季節ならではの幼稚園の光景です。早くも7月、1学期の終わりが見えてきました。みんな みんな大きくなりました。

2016.12.14

本園は、その前身である宗教法人カトリック教会の伝統を大切に、「感謝、思いやり、奉仕」の精神の維持、発展に努めています。
そのひとつに「クリスマスお祝い会」を、たいせつな年間行事として位置づけております。今年はその日が12月17日(土)です。
今、各クラスでは、その日に向けて、練習を頑張っております。本園は、今年4月、新制度、幼保連携型認定こども園に移行しました。1歳から5歳まで181名の子どもたちが発表します。年齢幅がうんと広がりました。先日、予行がありました。一部が1歳~満3歳の発表。手づくりの素敵な衣装を身につけて、うれしくてたまらない、笑顔いっぱいの子どもたち。音楽に合わせて踊るこども、じ~と客席のお家の人を捜す子ども、自分の世界に浸っている子ども・・・・等々ですが、その姿が愛らしい。客席からは大きな拍手。不揃いの美しさといいましょうか。
年少、年中さんたちは、クラス単位で劇遊びに取り組みます。子どもたちのアイデアがどんどん採り入れられ、みんなで工夫した劇遊びとなりました。そういった日々の積み重ねは、クラスづくりにもつながっています。
年長さんたちは、毎年恒例の「イエズス様のお誕生」の劇に感謝の気持ちをこめて、全員出演で取り組みます。また、英語のうた、ハンドベルの演奏等は、クリスマスの雰囲気を盛り上げます。
二部の時には、お客様である小さいおともだちは、姿勢を正して舞台にくぎづけです。年長さんたちの一生懸命の姿やみんなが揃うことの美しさに圧倒されているのでしょう。そして、憧れの気持ちが芽生えました。
こうして、こども園になった本園では、1歳~5歳までの年齢幅の広い子どもたちが成長していく過程を目のあたりにしながら、保護者の皆様と共に、喜びを共有する日々を過ごしています。17日の発表が楽しみです。

2016.10.13

 猛暑のあとの涼しさを感じる間もなく、肌寒い日が続いております。今日も寒い朝でした。昼前からは、日差しが射し始め、園庭には、元気いっぱいの子供たちが思う存分からだを動かしております。2学期前半の行事、運動会、遠足、芋ほり、卒園旅行と、活動の場が教室からお外に移りました。土に触れ、木の実を拾い、落ち葉を集め、虫をつかみ・・・自然を思う存分楽しんでいます。〝実りの秋”にふさわしく「こころもからだ」も、みんな大きくな~ぁれ。

幼稚園ブログ